賢いリフォーム会社・業者の選び方とは?安すぎない、アフターフォーを考える

役立つ情報

リフォーム会社を選ぼうとするときにどこを選べばいいのか迷うことがあります。
あとで失敗してしまったらトラブルにつながってしまうのでそれを防ぐためにも
信頼できる会社にしたいものです。
どのように選べばよいのか解説していきます。

リフォームできる会社の種類とは

リフォームをする業者は複数存在します。

リフォーム専門会社

リフォーム専門会社は近頃増えてきています。
すべてのリフォーム専門会社がリフォーム全般を請け負っているわけではないのです。
会社により水回りの設備の交換を専門としているところもあれば
外壁や屋根などのリフォームを専門としているところやそれぞれ専門分野が異なることもあります。

ハウスメーカー系

たいていのハウスメーカーは子会社、事業の一部でリフォームサービスも展開しています。

大手のハウスメーカーはこれまでの実績からブランドの知名度が高いため
安心して工事を任せることができます。
工事費用が高くなる傾向があるところはデメリットになります。

設計事務所、建築家

設計事務所や建築家などはリノベーションなどを得意としています。
キッチン、バスルームだけの工事をうける場合もあります。
デザイン性などにこだわる人は設計料が別にかかりますが適しています。

工務店

地域密着型で小規模なのが工務店です。
リフォーム工事を長年請け負っていれば安定した施工が期待できます。
水回りや増改築などそれぞれの得意なところが強みになっている場合があります。

ホームセンターや家電量販店

家電量販店はホームセンターなどでもリフォームサービスを行っているところがあります。
店内で販売している商品を取り付けるなどの小規模工事なら費用を抑えてリフォームができます。
大手のメーカーの既製品を中心に施工してもらえます。

インフラ系、職人系など

電気や水道、ガスを供給している会社の系列店でもリフォーム事業を
行っているところがあります。
それぞれ専門としているところのリフォームが得意となっています。

住宅設備メーカー

TOTOやリクシルなどの住宅設備メーカーのことです。
これらの会社は自社製品を取り扱う工事店とネットワークがあります。
希望の商品・メーカーが決まっている場合は特に利用しやすいです。

信頼できるリフォーム会社を選ぶには

リフォーム業者とは

リフォームの見積もりの依頼は現地の調査は基本的には無料で行われます。
どの業者がいいのか比較していくようにしましょう。

希望するリフォームと同様の工事の実績があるか

これまでの実績がどの程度ある会社なのか、会社の得意な分野、
特徴が希望するリフォームのイメージと合いそうか
住宅の状況に応じたプランにしてくれるか
追加工事がある場合に説明があるかどうかを会社のホームページなどで確認しましょう。

要望に合わせた提案をしてくれるかどうか

要望を聞き入れてくれるのかどうか、会社側の意見を押し付けてこないかどうか
デメリットの説明はあるか、見積書の項目にある資材のカタログやサンプルの
提示があり説明があるかどうか、ローコストの提案はあるかなどをチェックします。

口コミ評価が高い

信頼度を見るには口コミで評判を調べることです。
大手の会社でも口コミ評価が低い場合は依頼もできません。

質問の回答は的確かどうか

見積もりについてなど納得のいく説明をしてくれるかどうかは重要になります。
こちらにはわかりにくい専門用語で話してくるなど
後々トラブルになる場合があるのでしっかり担当者をチェックします。

必要な資格を持つ担当者がいる会社

リフォームをする会社でも工事をする担当者が必要な資格があるとは限りません。
知識もあり資格もある人のほうが安心してリフォームを任せたいと思うものです。
担当者が必要な資格がる会社を選んだほうがよいでしょう。

担当者との相性

リフォームを依頼するには担当者との相性も重要になります。
コミュニケーションがとりやすい担当者だと話もしやすくなります。
担当者の態度などにも注目しておくようにしましょう。

費用が安すぎないこと

見積もりをした費用が極端に安い場合は利用をおすすめできません。
別の会社と比較してみて金額を比較してみましょう。
あまり安すぎる場合は粗悪な材料を使用する場合や素人のような人材を
使うことがあるので注意が必要です。

家から近い会社

リフォーム工事をするのには打ち合わせや契約その他月日がかかります。
大規模な工事の場合は半年以上になることもあります。
家の近くであれば対応も楽になるのでおすすめです。

保証やアフターサービスの充実

保証やアフターサービスについての説明も聞いておくことが大事です。
工事中の事故などの場合完了したあとに欠陥が見つかってしまうこともあるのです。
保証がないと泣き寝入りしなくてはならなくなります。

まとめ

リフォーム会社の選び方を解説いたしました。この記事を参考にトラブルや
後悔がないように信用性の高いリフォーム会社を選ぶようにしてください。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP